2011.08.20

チベット語を学んでチベット支援! ― チャリティチベット語講座受講生募集

チャリティーチベット語講座開講のお知らせ

 ●チベット語を学んでみませんか?
 チベット語講座の受講者を募集しています。

 ●チベット語を学んでチベット支援!! 
 ただのチベット語教室ではありません。(もちろん無料でもありません・笑)
 開講のきっかけは、チベット語を学べる環境にないチベット人のためのチベット語クラス開催資金を募っていることからです。チベットでのさまざまな事情と、日本国内でも大災害が起きた状況から、単に「寄付を」とお願いすることが難しいので、講師がチャリティーで講座を開き、交通費など経費以外の収益を支援に充てることにしました。
 この機会にチベット語を習ってみたいという方、よろしくご協力お願いいたします。

 ●開講予定日
 平日(月・木・金)夜のクラスと、土曜午後のクラスを予定します。
 「募集中」の時間帯は希望者が揃い次第、開講が可能です。希望人数などはここで随時更新します(定員満了後は更新停止)。グループレッスンは2~3人まで。個人レッスンは申し込み順で随時開講可能です。

月曜火曜水曜木曜金曜土曜日曜
14:00~15:30 初級クラス募集中
16:00~17:30 入門クラス募集中(あと1人で開講)
19:00~20:30 中級クラス募集中(あと1人で開講) 初級クラス開講決定(空き1人) 入門クラス募集中(あと1人で開講)

入門クラス募集中(あと1人で開講)

(2011年8月23日現在)

 ●講師
 三浦順子さん(チベット語翻訳・通訳)

 ●受講レベル
 まったくの初心者から、中級レベルまで。

  • 入門:まったくチベット語を習ったことがない人。チベット文字の読み方からスタート。
  • 初級:チベット文字を見て発音ができる人。以前習ったけど、ほとんど忘れてしまった…という人。
  • 中級:チベット語文の読み書きと文章の組み立てができ、さらに文章を読んだり会話を習いたい人。チベット語学習歴1年以上の人。

 ●場所
 新宿東口
 (JR「新宿」/西武新宿「西武新宿」/地下鉄「東新宿」からいずれも徒歩6~9分)

 ●受講料
 グループレッスン:月8,000円~(週1回1.5~2時間、月4回)
 個人レッスン:月10,000円~(同上)
 講師交通費など必要経費以外はすべてチベットの母語教育支援に贈られます。そのため、上記受講料を最低額とさせていただきますが、それ以上払いたい人はぜひどうぞ(^^)

 ●問い合わせ&申し込み
 講座専用メールアドレス speaktibetan@gmail.com に、

  1. お名前
  2. 連絡先(住所、電話番号、メールアドレス、)
  3. 希望する受講曜日と時間
  4. 参加希望クラスとチベット語学習歴

をご記入のうえ、まずはメールでお問い合わせください。講座開講場所の地図など、詳細を折り返しご連絡します。

 ●その他
 □体験レッスン
 有料で授業見学または体験レッスンが可能です。
 1回2500円
 ※チャリティー講座なので無料体験制度はありません。いただいた体験レッスン料は正規受講料と合わせ、チベット支援費となります。こちらも、上記メールアドレスに事前にお問い合わせ、ご予約ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.01.13

ルンタ印刷

Rimg0367  (←画像は、おうみネットワークセンター閉館後、ピアザ淡海のロビーを占拠して封入作業を続ける裏ルンタの面々)

 1泊2日で再び関西入り、「ルンタ通信&裏ルンタ通信合併最終号」印刷作業にリベンジ。2007年の日本事務局の会計をK嬢が精査して版下を作ってる横で、私が「出入記録が合わない」と指摘された点の追記部分を書いて最後の1ページを切り貼り、同時進行でできあがっているページからKゲンラが印刷機を回すという自転車作業。(わはは)

 「部数はどのくらい刷ります?」
 「基本は収支報告に関係する人ってことだから2006年と2007年に振り込みをもらった人だけど、今回は今後の活動方針の報告も兼ねるから、もうちょっと範囲を広げて……200部ってことでどうですか? 余裕をみて250部印刷で」
 「それ、アドレス帳見て計算した?」
 「…してない。けど、だいたいそんなセンで」
 「『だいたい』で大丈夫?」
 「うっ……」

Rimg0368

 さて、版下できた! と思ったら印刷のページ設定をミスして3行だけ2枚目になってたり、単色印刷の指定を忘れて原本で色を使っていた部分が抜け落ちたり、書いた文チェックしてもらったら同じ事繰り返して書いてたり、ばたばたしながらですが一応完成。未解決部分は「インターネットで報告します」という逃げも打ってしまった。

 しかし…すみません、実際に送付するあて先のリストアップを始めたら、『だいたい』をはるかに超える299カ所に! (「言ったとおりじゃん」「やっぱ足りないじゃん!」とこっちを見るK嬢Kゲンラの視線が痛い)
 最終の振り込み記録が古い人から順番に削除して(うう)、なんとか239カ所まで絞り込み。封筒の数やプリンタのインク切れなどいろんなトラブルが相次ぎ(わははは)、午後9時までかかって203通を発送しました。ああ疲れた。KゲンラK嬢はもっと疲れてた(申し訳ない)。感謝感謝。

 発送できなかった分は仙台に持ち帰り、封筒を買い足して送る予定。足りないページが出ちゃった34部はコピーで1枚(4ページ)補って増刷して地道に送ります。「届いていいはずなのに届かない」という方、すみませんが気長にお待ちを。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.07

スイスからちべメール

Hpim0581  ルンタの里親支援を受けていた女の子から短いメール。

hello dear,
i hav som pics for u
love to be ur frd .
u can also send me

 ゴパールプールの全寮制のTCVに入っていたけど、長期休みはルンタハウスの家族やクショラの元に身を寄せていたので、ダラムサラで何度か会った。日本人に親しみを覚える、と言ってよく話しかけてくれた。
 チベット難民にありがちな複雑な家庭で、いろいろあってその後、スイスに。もう2年くらいになるんだなあ。そこで習って送ってくれる英語のメールは、短いのに略語(っていうの?)が多くて、おばさん10代の子にはついてけないよ……と思いつつ、ニュアンスで解読。元気そうで本当によかったな。
 最初のメールなんか無邪気に「スイスに来たら寄ってね!」とか書いてあったもんなあ。毎年ダラムサラ行ってたから、「しょっちゅうどこでも海外を旅行してるんだ」とか思われてるのかも。スイスとか行こうと思ったこともないよー……。でも、こうゆうことがあるとなんだかうれしくて、なんだかんだ言ってそのうち行っちゃったり、しそうだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.11.23

From Dharamsala

ダラムサラのネットカフェからです。
今日11月23日はチベット暦9月25日、「ラパブ・ドゥチェン」という祭日(というか仏教のお祭りの日)で、「釈迦がいったん天にいって亡くなった母親に会い再び地上に戻ってきた日」。ひたすら盛大にお香を焚きまくる日で、皆で早起きしてリンコル、サンを燃やし新しいタルチョを張ってきました。朝の日差しの中、ルンタをまきまくってるチベタンがカッコよかった(紙ルンタ買えなくてやれませんでした)。
ちょうど水曜日の朝にあたり、長寿祈願の歌を歌いツァンパをまくところにも居合わせることができました。
今回タイミングがすごくて、ナムギャル寺をのぞいたら声明が聞こえ、なんだろうと思ったら完成済みの砂マンダラが。ラパブ・ドゥチェンに合わせチューキョン(護法尊)の一つデーキョン(だったかな)の砂マンダラだそうで、明日護摩焚きがあるそうです。ナムギャル寺の声明はさすが言葉がぴったりそろっていて聞きごたえあります。
ニントブリン(障害者施設)、ノルブリンカ(工房&観光施設)のついでに尼僧院のドルマリンに寄ったら、ここでは観音菩薩の砂マンダラを制作中でした。同行者も「尼さんが砂マンダラを作るのは珍しい」と感心。いいものを見せてもらいました。
TCVにも行って里子の近況も尋ねたしクショラにも会えたしアニ・ガワン・ワンドゥンにも会えたし、なんだかやたら忙しいです。まだ土産のひとつも変えてません。Blog更新もできなくてすいません(もうできない気がする)。
  まだ肝心な用件もいくつか(今日はラパブ・ドゥチェンの祝日でチベット人のオフィスが軒並み休みで、インフォメーションオフィスにもグチュスムにもまだ行けていないのでした)。あと2日しかないです。ある意味日本にいるとき以上に忙しい(←時間に追われるって意味ではなく、やりたいことこなしたいこと目の前で起きることが充実しているって意味で)ってどうなんだ。いいのかわるいのか。
取り急ぎ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.10.14

パキスタン北部地震@ダラムサラ

 連日被害が伝えられているパキスタン北部の地震。
 スマトラ沖地震・大津波でのアチェ州と同様、もとからが紛争地で満足なインフラ整備や政府機能が働いていない場所での大災害になってるんじゃないか、最初のころは『パキスタンとインドの国境付近で』なんて表現がよく聞かれたのは要するに国境が確定できてないカシミール地域だからなんじゃないか……などと考えつつ、ダラムサラについてはまぁ東京と福岡くらい離れてるんだからそうそう大変なことは起きてないでしょ、便りがないのはよい便り、とのんきに構えてほとんど気にしていなかった私ですが、「ダラムサラは大丈夫でしたか」「デリーもかなり揺れたそうです」と多方面からご心配をいただきました。
 印パ国境付近の地図を見てぱっとダラムサラを思い起こしてくださる方々に感謝しつつ、自分の薄情ぶりに赤面。
 ダラムサラの状況については、既にちべ者さん「パキスタン地震の影響」「追記:パキスタン地震」として確度高いソースつけて速報してくださってるところではありますが、遅ればせながらダラムサラの「ルンタ・レストラン」スタッフにも様子を聞くことができました。

地震は、ダラムサラでは被害はでませんでした。かなり揺れました。震度3から4くらいでしょう。確かに、15秒は揺れていました。皆、外に飛び出して、お互いに手を握ったりしていましたが、ここでは無事に済んだのです。ご心配いただいた方にお伝え願います。
とのこと。
 東京のようにしょっちゅうぐらぐら揺れている場所じゃないですから、震度3か4くらい揺れた、というのは相当な恐怖だったんじゃないかと思います。建物が崩れたり土砂崩れが起きたり、なんてことはなかったようで良かったです。(考えてみると、あれだけの急斜面を日本じゃありえないくらいに切り崩して家を建てて、普段の雨季でもしょっちゅう道が崩れてたりするダラムサラで、新潟中越地震クラスの震災があったら町ごと壊滅しそうな気がしなくもない。あの町はもうちょっと防災にも気を配ったほうがいいかも)
 思い出すと、チベット人が抱く地震への恐怖心、というのはけっこう根深いものがあるようです。現地在住ではないので詳しい事実は知りませんが、2000年ごろだったか、ダラムサラで「大地震が来る」という噂(風説? 予言?)が流れ、かなりの人たちがそれを信じ、大地を鎮めるための大規模な祈祷が行われたと聞きました。グチュスムの会のお坊さんたちも、通常はルンタ(風の馬)や観音菩薩を刷り込むのが定番のタルチョ(チベットでどこでも見かける5色の祈祷旗)に大地を鎮め地震を避ける経文を刷り込んだ特別バージョンを作っていたくらいで……。
 「外に飛び出し互いに手を握ったりしていた」というメールをもらい、うわぁ大変だったんだ、と、全然心配しなかったことを反省しました。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

2004.05.16

壮行会、無事終了!

sokokai.JPG おかげさまで、一時帰国中のルンタ・プロジェクト代表、T嬢の壮行会を、大阪・福島のインド料理店「ガナパティ」にて無事開催することができました。お店の方のはからいで、午後6時から10時までたっぷり時間を使わせてもらい、いつものメンバーあり久しぶりの顔ぶれあり初対面の方あり、ご家族での参加ありチベット人あり可愛いさかりの赤ちゃん参加あり(夜更かしさせてゴメンね。でもまだ昼も夜もない月齢だとか)……のにぎやかな会合となりました。

Continue reading "壮行会、無事終了!"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.04.23

壮行会準備は続く

 昨日に引き続き、現地スタッフの一時帰国と引き継ぎ作業、壮行会(と名前を借りた飲み会)の打ち合わせ。
 インドと京都と大阪と群馬の間でメールがそれぞれ1往復。便利になったなあ~。
 それにしても、どのくらいの人数になるかはっきりしないとハコ(場所)を決められず、どのくらいの人数が参加するか尋ねるには場所と値段くらいは明示しないと打診できないし、料理と飲み物の値段は店によるわけだからやっぱり先に店をどこかに決めないといけない、という混乱ぶり(すんません)。「お誘いをかけるべき人」をリストアップしていたら、名前を書き並べているうちに、お世話になりっぱなしでその後の不義理ぶりばかりが思い出されて頭を抱えました。
 同時並行で、引き継ぎスケジュールの段取りも。
 関西いる間に1泊くらいどこか温泉(雄琴?)でも……という案は却下されてしまった(当然か)。悔しいから2泊とも大浴場付きのビジネスホテル取ってやる~。ほんと、今はなんでもネットで出来て便利だなあ。ルンタjpも手を入れないと、と改めて思う次第。

| | Comments (0) | TrackBack (16)

2004.04.22

ルンタ壮行会

 私のほうの作業が進まない間にも、ダラムサラでは着々と事務所引継ぎの準備が進んでいるようで……。(裏ルンタのもろもろは明日がんばりますー)
 ルンタ現地代表の一時帰国日が決定。それに合わせ、壮行会の名前を借りた飲み会(関西)を5月15日(土)に企画中です。時間は夕方~夜、会場は大阪キタになる予定。詳細を詰めてから改めて告知します。
 あとは私が有休を取るだけだ~。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.03.30

ルンタ通信10号

 ダラムサラより、ルンタ通信10号編集のため、日本事務局の2003年会計報告原稿の督促。
 ううっしまったっ。ルンタは1~12月を1年度としているので12月で会計は締めていて、計算は滋賀のKさんがやってくださっていて、あとは検算して内訳をつけるだけというところまで来ていたのに、放置してしまっていたっ。そもそも数字とか計算にはやたら弱いのでついつい後回しに……(>言い訳にならない)。

Continue reading "ルンタ通信10号"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.06

新url決定!!

 迷いに迷っていた「裏ルンタのページ」の移転先ですが(まだ考えてたんですよ~)、決めました。
 「裏ルンタのページ」は
 http://www.lung-ta.jp/
 に移転します!
 ……いや、今日明日じゃないですよ、いまやっとドメイン申請した段階ですから。これから、なんかよくわからないけどレンタルサーバー契約だのDSN設定だのネームサーバー設定だのいろんな作業があるらしいのですが、うらるんたはまったく分かっていませんので。誰かやってくれないか……というワケにもいかないので、8月までになんとかできれば、と。とほほ。
 決めるまでには、ura-lunta.com(うらるんたどっとこむ)とか表と.orgはそのまま揃えて ura-lungta.org とか、lung-ta.net(るんたどっとねっと)とか、いろいろ案がありました(.org やドットコム、ドットネットはかなり値段が安くなって、年額990円で転送アドレスにできるんです)。
 しかしココはひとつ、日本事務局にこだわって汎用jp(サーバ代込み年約6000円の予定)を! 生活必需品じゃなくシュミなんだから、990円だろうが6000円だろうが無駄遣いであることは一緒。ならば一番欲しいものを手に入れてなんぼじゃ!(←こういう性格です私は)
 「じぇいぴー」アドレスに決めてからも、ハイフンなしで lungta.jp がすっきりするんじゃないかなどいろいろ迷うところはあったんですが、lungta.jp にした場合、表ルンタのurlと微妙に違って紛らわしいうえ、lungta.com や lungta.org 、lungta.net (いずれも実在するサイトです)などのほうと関連があると思われたら困るな、ということで、ドメインを揃えました。
 無事にややこしい設定ができて移転するのはいつの日か……。なにとぞよろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)